みてんめねー

napapiiri.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:いぶんか( 4 )

中1の教科書で見つけたニッポン

病院の待ち時間。暇なので更新を。

フィンランドの学校は今週で終わり。卒業式、終業式が土曜日にあって長~い夏休みに突入。
先週、家に来ていたSちゃんの教科書を覗いてみた。
a0140936_1627298.jpg

これは宗教の教科書。
キリスト教だけでなく、仏教、イスラム教、ヒンドゥー教など様々な宗教が網羅されている。
a0140936_162763.jpg

「Kamien tie」=神の道。神道ももちろん含まれている。

これは国語の教科書。(写真の向きが…)
a0140936_162797.jpg

パラパラとめくっていて飛び込んできたのが Japani=ニッポンの文字。
まず、日本の赤ずきんちゃんの話が挿絵と一緒に紹介されている。これを読んで西洋の赤ずきんちゃんの話と比べて、相違点を挙げてみようということらしい。

もうどんなお話だったか覚えてないけど、狼のお腹をチョキンチョキンと切るところあたりが違うらしい。
気になってきた。後で調べなきゃ。
[PR]
by napapiiri | 2011-05-31 16:00 | いぶんか

フィンらしい話?

これまたちょっと前の話。3週間も経ってしまった。
(もうちょっとタイムリーに更新しろ!と自分でも思うのですが。。。)

そう。3週間前の金曜日の午前中。へ君のお姉さんが突然オフィスにやってきた。
へ君に「結び目を作ってくれる?」と、手にはネクタイを持っている。
ん?なにごと?と二人して目を??マークにしていたら、「結婚式やるから」とサラッと一言。
えー?!結婚式??っていうか、結婚してなかったんかい!!
それもそうと、へ君!アンタ知らんかったんかい!・・・って思うよね。

a0140936_3415534.jpg
今年初めての試みならしいんだけど、その日、この町の教会で午後6時までに申し込みをすれば、結婚式をやってくれたんだそうな。司祭がとり行う正式な結婚式をね。(洗礼を受けたクリスチャンであることが条件だったらしいが)

教会で式を挙る段取りをしたり、披露宴を準備したりするのって大変だから・・・という理由で結婚していないカップルに機会を与えようという、なんだかとっても飛んだ発想。
ここはラスベガスか? (笑)

この国には、結婚する人、結婚しないで家庭を築く人、何年か経ってから結婚する人、ずーっとしない人など、いろいろさまざま。
なので、お姉さんとこが結婚しているかどうかってあんまり気になっていなかった。していないだろうなぁ、とは思っていたけど。
夜になって携帯に「式は夜11時45分からです」と連絡が入った。夜中近くの結婚式っていうのもスゴイ。
この式が、この特別な日の最後だったけど、何組か式を挙げてたそうな。お姉さんの式の直前のカップルは30代前半の若い二人だった。

おめでたいけどちょっとビックリなお話でした。
[PR]
by napapiiri | 2010-09-27 04:03 | いぶんか

極寒の地の知恵

てるべ!

今日のランチはお好み焼き。
実家ではまったく食卓に登場しなかったメニュー。こっちに来てからはよく食べるかな。
材料は日本に帰った時に仕入れてくるオ〇フクのセットがあるのでバッチリ。このセットはお好み焼き用粉に、やまいも粉、青のり、天かすが入っているのだ。天かすが入ってるのが最高なのよね。ソースとカツオ節はストックしておかないとダメなんだけど。なんでお好み焼きなのかっていうと、Sちゃんのリクエスト。秘密警察コナンが好きで、よく読んでるんだけど、その中でお好み焼きが出てきたらしく、ある日突然 「お好み焼きが食べたい!!」 と言われ作ったらお気に召したようでして。ただ、問題は、弟のV君が嫌いなんだよね。ソースの味が嫌いなんだって。なので、今日は、お好みでソースをかけるようにしたら、マヨネーズだけで食べておりました。^^;
ソースをかけないお好み焼き・・・ うーん。ソースの味が好きなフィン人多いんだけどな。

a0140936_3192386.jpg日本はなんだか突然暖かくなったり寒くなったりで変な気候だそうな。こちらは例年通りの冬といった感じですかね。去年は暖冬で、温暖化?どうなっちゃうの?って思ったけど。前回投稿した時の寒さはいったん和らいで-12度くらいの日が続いたけど、今週末はまたちょっと寒くなって-20度くらい。

さて、ここの人たちは、こういう寒い日に何をするかというと。。。
布団(ブランケット)やカーペットを干すんです。
冷え込んで乾燥している日には、カーペットやブランケットがベランダでぶら下がっている家がポチポチと。我が家でも、へ君がせっせとブランケットと枕を外に出しておりました。この寒さで細菌やダニを退治するんだって。家の中に取り込んで 「ほーらフレッシュでしょ♪」 と。
理屈はわかるけども。。。私はお日様で干した後のホカホカの布団に入る方が幸せを感じるなぁ。
[PR]
by napapiiri | 2010-01-24 03:25 | いぶんか

よかった。たぶん。

金曜日だ。たいして忙しくもないんだけど、なんとなく嬉しい。
更新時間は土曜日の朝早ーくになるんだろうな。フィンと日本の時差は只今7時間。どこかで日時の設定変更できるのかもしれない。今度探してみようっと。

さて、昨日の朝のできごと。
へ君(旦那さま)が会社に行く前にアイロンをかけはじめた。「いつも同じような服を着てるのもなんだし、あのシャツ着ようと思ってクローゼット開けても、しわくちゃで着れないからねー」と、全然嫌味でもなんでもなくそう言いながらせっせと働いている。ちょっとだけ(ほんとにちょっとだけだけど)責任を感じる私。半分冗談で「もしかして、私がやっとかんとならんこと?まぁー日本だったら私(妻)の仕事かもねー」と言ってみたら、「んーそんなことないよ。少なくともスカンジナビアの国だったらねー」とあっさり。しかも、私のシャツまでやってくれたのだった。スカンジナビアの国でよかった(笑)。

一緒に住み始めたころ、出張の前日、へ君は自らワイシャツを出してきてアイロンがけを始めた。頼もうという感じも、私がやってくれるかもという期待感もまったくなし。その時、私は「やるよ~」の一言をグッとこらえたのだった。ほんとに“堪えた”の(笑)。ここで手を出したらずーっとやることになるんだろうなー頼まれるまで手を出さない方がいいなーと考えたわけ。アイロンがけは嫌いじゃないんだけどね。そんなこんなで、我が家ではこの数年の間に「自分のことは自分で」という暗黙のルールできあがっている。掃除洗濯は私がほとんどするけれど(暇なもんで)、しなきゃ!というプレッシャーはないなぁ。

こっちに来たばっかりの頃、会社にお客さんが来たら(女性は私一人だったので)私がコーヒーを出したり片づけたりした。お茶を持っていくと「超」感謝された。ちょっとビックリした様子もあった。え?なんでそんなに驚くの?って思うことが何回かあって、そのうちに「あ、そーか。私がやらなくてもいいことなんだ」と気づいたのだった。

a0140936_461487.jpgまぁ、女性の社会参加が早くから進んだことや男女平等に対する考え方、女性の8割強が仕事に就いていることとか、色んな背景があってこの国の文化や習慣があるんだろう。ちょっと感覚が違うなーと感じることはよくあること。今ではすっかり慣れてしまって、会社では気を遣わなくなった。お客さんが来ても知らんぷり。お客さんを迎える人が自分でやることになっているのでね。家では自分のペースで動いている。たまに帰国すると自分の鈍感さにビックリすることもあったりするけど、郷に入っては郷に従えですからね。なーんて、ただの怠け女だっていう話かもしれんけど。(^_^;)

仕事中のへ君。その通り!自分でアイロンかけたシャツです。このブログにちょくちょく登場することになるかと。顔出しOKらしいので、そのうちジャジャーンと現れるかもしれません。その節はよろしくお願いします。
[PR]
by napapiiri | 2009-11-21 04:23 | いぶんか
line

S@北欧のゆるゆる日記


by napapiiri
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite